TOP  >  コンテンツ  >  マブハイ通信 フィリピンアクティビティー報告
トップ  >  マブハイ通信 フィリピンアクティビティー報告

2011年 ハローアルソンフィリピン医療ボランティア
MABUHAY マブハイ通信 vol.6
spacer
<フィリピン医療を支える会>  ※マブハイ…タガログ語で「ようこそ」

2011年度フィリピン医療ボランティアを、今年の2月9日から12日に行いました。今回は、総勢85名の有志が全国から集まりました。

活動内容

フィリピン医療奉仕活動
■1日目(2月9日)
カビテ市 ビナカヤン地区 「トラモー地区」

医療ボランティア 医療ボランティア
 人口約1万人、大歓迎の中、高校生らの手によって、500人分の物資とお米を配布しました。

■ 2日目(2月10日 )

 カビテ市、ビナカヤン小学校とケソン市、パヤタス地区の2班に分かれ、医療奉仕活動を行いました。
口の中の状態が悪く継続的な治療ができないため、ほとんどが歯を抜く治療(抜歯)でしたが、歯科衛生士らは懸命に紙芝居などを使い、歯磨き指導や歯のクリーニングを行いました。
ビナカヤン地区363人、パヤタス地区74人の歯科治療を行いました。


■3日目( 2月11日)
ビタス トンド地区 バランガイ128地区

 キリスト教のボランティア団体の支援により建てられた小学校(生徒数 560人)で335人の歯科治療を行いました。この学校には、地域のスラ ムから最も貧しい子供たちが優先して入学できます。朝、昼の2食を用 意し、働くために子供たちが学校を休まなくてもいいように、5日間学 校に通うとお米を2キロ支給するなどの工夫がされています。
医療ボランティア 医療ボランティア
 日本では抜かなくても治療できる歯を抜くことはリスクを伴います。 先生たちは苦悩しながらも治療を受けられないフィリピンの人たちの  ために一生懸命に、周りのスタッフに支えられながら治療を行いました。ここでも歯科衛生士により予防活動が行われ、歯磨きの大切さ を伝えました。

■ 最終日(2月12日) カビテ市 バランガイ サマラ・マルティス (人口約3000人)
 渡す人も受け取る人も笑顔で物資の配布が行われました。ここでは500人に物資が支給されました。 

医療ボランティア 医療ボランティア
■まとめ
4日間を通して、1000人に物資支給を、772人に歯科治療を行うことができました。本当に有り難うございました。引き続き来年度も2月に活動を予定していますので御協力下さい。2012年2月8日(水)〜11日(土)の予定です。

第4回フィリピン医療
 ボランティア活動参加者

発行:2011年4月  ハローアルソン事務局/林歯科診療所内 (長野県御代田町 TEL:0267-32-3613)
協力:フィリピン医療を支える会

 

2013年フィリピン医療アクティビティー参加高校生募集

フィリピン医療アクティビティ参加者募集!!
今年度は下記の要領で高校生を募集します。海外ボランティアと言っても難しいことはありません。出来ることは沢山あります。一緒に参加し、若いパワーで活動を盛り上げてくれる皆さんを待っています。


1.募集人員  若干名
2.募集期間  2012年7月21日(土)締め切り
3.2013年のアクティビティー
      1)日時:  2013年2月7日(木)〜2月10日(日)  
      2)場所:  フィリピン国 
      3)宿泊:  マニラ市内ホテル 
      4)参加費: 160,000円(内自己負担50,000円)

 ・残りの費用は患者さんや有志の皆さんのカンパにより成り立っています                                                                
 ・参加人数により負担が増えることがあります

4.参加資格
1)高校1・2年生(特に必要と認める3年生)
      2)保護者と学校の認める学生
      3)将来フィリピン医療を支える会に協力できる学生
      4)帰国後、報告会に参加できる学生
5.選考方法  書類と面接
        書類は履歴書と志望動機(400字程度)を郵送してください
6.面接日時  2011年8月11日(木)  時間 PM 6:00〜  

  
   〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町御代田2422−79
   林歯科診療所内フィリピン医療を支える会  会長  林 春二
   担当者:林歯科診療所 木内 友美
   TEL:0267−32−3613/FAX:0267−32−5979

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
福祉・講演活動について
カテゴリートップ
TOP
次
スポーツ・IQと歯